2014年12月29日月曜日

冬期休診のお知らせ

本日17時をもって今年の診療は終了となりました。

来年は1月5日(月)から通常診療致します。

では皆さんも良い年末年始をお過ごし下さい。

来年も宜しくお願いします。
 

2014年12月18日木曜日

a-decユニット入れ替え

本日、1台だけですが平成9年から使用しているa-decのCascadeを500へ入れ替えました。


Cascadeも壊れた訳では無く輸入元のインタビューでも暫くは使い続けると言っていたのに、ディーラーの「1台だけの特価!」の誘惑に負けてしまいました(笑 

4年前に大規模リフォームした診療所ですが既に3台では対応しきれなくなってきており、4台体制に変更する為に来年から増設工事が始まる予定です。工事終了後に取り外したCascadeを新しい場所へ設置するので廃棄は未だしません。Cascadeは平成9年に購入して17年経ちますが、軸のガタも無く耐久性に優れ、デザインもシンプルで突飛な装備も無いので飽きる事も無く、使いやすいユニットです。2年後に他のユニットも順次入れ替え予定ですが、私が購入するユニットはa-dec以外は有り得ないほど信頼しています。
 

2014年10月13日月曜日

10月の週末

先週の台風18号に続いて19号も上陸し、今見ているテレビによると九州〜関西では交通の乱れが報道されています。10日(金)〜12日(日)にパシフィコ横浜で開催された日本国際歯科学会に西日本から参加された先生方はもう一泊の予定を早めて早々に帰宅したようです。

私は…と言えば、先週末の3日(金)〜5日(日)に東京国際フォーラムで行われたICOI(国際インプラント学会)のWorld Congressに金曜日から参加し、2週連続で金・土曜日休診は患者さんに申し訳無いので今週末は泣く泣く参加を諦め、併催されたワールドデンタルショーに日曜日だけ遊びに行ってきました。4年に一度の開催だけあって会場が大きく、同じ会場の横浜デンタルショーの2倍の面積だったので、見て回るだけでも大変でした。

会場内では琴線に触れた商品を実際に手にとって見たり、使っている機材のバージョンアップを検討したり、旧知の業者さんと談笑したり…と楽しい時間を過ごし、その後は練馬区大泉学園の井川歯科医院院長の井川淳一先生と中華街で食事をして帰宅しました。ただ、帰りの電車で市川に着いて席を立ち上がろうとした瞬間に持病のぎっくり腰が襲ってヒーヒー言いながら帰宅して今日は一歩も外に出られず、散々な連休の最終日でした…。

2014年8月5日火曜日

夏期休診のお知らせ

8月11日(月)〜16日(土)まで夏期休診期間とさせて頂きます。

8月18日(月)から通常診療となります。

皆様には御不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

2014年7月27日日曜日

スタディグループ定例会

土曜日は一日休診にさせて頂いて昨日今日と青森市でスタディグループの定例会に出席し、土曜日は会員の先生の症例検討会、日曜日が青森県八戸市の夏堀先生の1Dayレクチャーでした。

先生方の発表を聞いてて感じた事だけれども、やっぱり臨床に魔法は無いんだなぁ…っと。何だか分からないけど上手く出来ちゃったラッキ〜♪、はそうそう起きない。目の前の患者さんと如何に真剣に向き合うか、そして医療スキルを高めて引き出しを多くするか、が最重要で有って、それなりのスキルしか持ち合わせていない人には今日の様な素晴らしいゴールは得られない。確かに患者さんへの治療選択の説明も大切だけれど医療者は顔や話術で勝負してる訳じゃ無いから(歯科ビジネスしている人にはそれが最重要だろうけどwww)、腕が伴ってなければ医療者はハッピーになれても患者さんはハッピーになれない、と感じた青森研修でした。明日も今日の自分を超えられる様にガンバロー♪ 夏堀先生有り難うございました.。楽しい週末でした…。

2014年6月13日金曜日

幼稚園の歯科検診

昨日は市立幼稚園の歯科検診の日でした。

9時半から始まったのですが、園児達の始まる前の緊張した顔と終わった後に見せる安堵した顔の対比が可愛くて、こっちが和やかな気持ちになります。

ただ年長さんは去年のデータと見比べながら検診をする様にしていますが、せっかく去年に虫歯有りのチェックを受けてもそのまま放置して更なる悪化を招いている園児も残念ながら居て、検診の限界も感じます。検診でチェックされても歯科医院で治療を受けなければ虫歯は治らないんです。

親御さん達の中には、しょせん乳歯は永久歯に生え替わるまでの代用の歯だから虫歯にしても大した事は無いと思われている節もありますが、乳歯も根っこが膿んでくるほどの虫歯を放置しているとその下に有る永久歯が生えてくる前に虫歯になったり、生え替わりが上手く出来ずに永久歯の歯並びに悪影響が出る、当然虫歯になっている歯は噛むと痛いですから片側噛みの原因となって顎の発達に左右差が出る、等々の問題を生じます。

この様に乳歯の虫歯も放置して良い事は有りませんから、もし歯科検診で虫歯有りの報告を受けたなら早めに治療を受ける事をお勧めします。

だた本当は虫歯にしない様に定期的に歯科医院を受診する事が大事で、大人と同じく『予防』が大切なんですね。永久歯も同じですが、一度治療を受けた処置歯は削った事が無い健全歯と比べて虫歯の再発率が高いですから「虫歯になったから治そう」では無く、「一本も虫歯にしないぞ」の気持ちと対策が重要なんです。

2014年6月6日金曜日

LA研修最終日

昨日は最後の夜だったのでレクチャー終了後にGala Party&Certificate授与、翌日の帰国等が有り、ブログを書く時間が取れなかったために機内で書いてます。

ITSレクチャー2日目も骨造成の基礎的考察から始まり、模型実習と実際に血液を採取してCGFを作成する手順等の話でした。CGFは既に導入しているので新たな発見は無かったのですが、個人的には最初の基礎的考察が忘れていた作用機序を思い出させてくれて有意義でした。前回のLA訪問の際に教えて頂いたのに実際に行うと思ったより成績が上がらず自然消滅したテクニックがあるのですが、基礎的考察のレクチャー時に自分に足りなかった事項を気付かせてくれたので、今度は上手く骨が出来るはず…と確信してます。「King of Bone Graft」なDr.smilerだけはあり、テクニックは豊富ですね。

その後ユニバーサルスタジオハリウッド横のシティウォーク内に有る「Bubba Gump Shrimp」に場所を移して、LA最後の夜を楽しみました。

因みに何時ものMrs.ルースとの2ショット
この方はDr.smilerが現役引退するまでの27年間、Dr.smilerのオペのアシスタントをされていた方で、私が大好きな人です。今までLA訪問の際にはDr.smilerは現役だったのでレクチャーの中にライブオペが有ってオペを見学させてもらっていたのですが、その時に緊張した患者さんを治療台へ誘導する時から優しい雰囲気で緊張を解き、またオペ時にも逐次声を掛けてとにかく患者さんを緊張させないよう配慮していたり、そしてオペ前の準備やオペ後片付けの手際の良さもあり、当院のオペの診療システムを変えてくれた恩人ですね。また私のメチャクチャ英語の質問にも笑って答えてくれたり、返答が理解出来ない時にもイヤな顔をせず何度も話してくれたり…と素晴らしい人間性の持ち主でした。もう会えないと思うと非常に残念です。

最後はDr.smilerと受講者全員でLA最後の晩餐を楽しみ、また修了証を頂いて、今回のスケジュールは全て終了しました。

今回は中3日と結構タイトなスケジュールで行動していたので、アッと言う間に終わってしまった感が有るLA訪問でしたが、内容が濃い時間を過ごせたと思います。今回はテクニックのハウツーだけを学ぶのでは無く、基礎的考察を自分のアタマでじっくりと考えながら受講できたので、応用範囲が広がったという意味では大きかったと思います。そういう風に思えたのは、今回は山形県南陽市の黒江先生による素晴らしい通訳が有り、何時もは言葉を追いかけるだけで精一杯だったアタマに考える余裕が出来たおかげです。

金曜日夜に帰国致しますが、土・日曜日には明海大学ポスグラコースがあるのでジェットラグに悩まされないように今日はしっかり寝ます(笑

最後に今回のLA訪問を企画してくれたタカギ先生、UCLAへ連れて行ってくれてまたレクチャー時には素晴らしい通訳をしてくれた黒江先生、そして大いに学び・大いに遊ぶ事で充実した時間を過ごさせてくれた参加者の先生方に感謝致します。

2014年6月4日水曜日

LA研修3日目

ホテル内のセミナールームでDr.smilerが主宰しているImplant Team Seminarsが始まりました。

昨日は インプラントの基礎的考察と新しいサイナスリフト法について学び、座りっぱなしのレクチャー中心でした。
LAに来ると何時もお世話になっているDr.smiler
Dr.smilerが推しているMEGAGENの新しいインプラントシステムについてコンセプトや他社との優位性についても出てきて、色んな他社の良い所取りなんですが日本未発売だとアフターケアの面で踏み切れませんねぇ。業者の人はもう少しで発売するかも?とも言ってたので、発売されたら考えてみようかな?

1日目のレクチャーは8時半から17時まで続き、その後はDr.smilerの御自宅でパーティーの予定だったのですが、奥様の具合が悪いとの事で取りやめになりポッカリ予定が空いてしまったので、LAドジャースの試合を見に行ってきました。
試合はドジャースが負けてしまいましたが、皆で騒いで楽しい夜でした。

2日目の今日はハンズオン中心との事なので、新しい技術を身に付けて患者さんの皆さんに還元できるように頑張ります。

2014年6月3日火曜日

LA研修2日目

今日からLA訪問の目的がスタートしました。

午前中は去年のスイス・リヒテンシュタイン研修の際にお世話になったNando Caselliniさんのお兄さんであるRenzo Caselliniさんのラボを訪問してRenzoさん達の熱いレクチャーを受け、またRenzoさんが開発した使いやすい歯科材料が有るのですが、当院ストックの底が見え始めたので来訪ついでに追加購入。

因みに犬の歯のクラウン(金歯)やインプラントの模型も有りました(笑

その後は日本未上陸ハンバーガーショップのIn-N-Out Burger(インナウトバーガー)
で遅い昼飯を済ませて(マクドナルドやバーガーキングより美味しかったですよ・アメリカでも西海岸にしか出店していないらしいのでカリフォルニア州へ来た際には是非ご賞味下さい)、以前UCLAに1年半留学していた黒江先生の案内でUCLAのキャンパス内へ。当然興味は歯学部・医学部ですが、アポ無しだったので学部内は入れず残念!
その代わりに医学部の生協に寄ってUCLAのネーム入りオペ着(スクラブ)を購入してきました(←ミーハーです・笑)。

その後は広大なキャンパス内を散策して、
バス、地下鉄を乗り継いでホテルへ帰ってきました。

夜は明日から始まるレクチャーのウエルカムパーティーが有り、21時にお開きとなりました。

明日は8時からレクチャーが始まりますので明日に備えてもう寝ますZzzz…

2014年6月2日月曜日

LA研修1日目

6月1日(日)から6日(金)まで研修のためロサンゼルスに来ております。

今回は私の師匠(山形の高木先生)の師匠でおられるDr.Smilerが御高齢のために仕事をリタイヤされたのですが、我々の為に最後のレクチャーを行ってくれる事になり、急遽決まった企画に乗せて貰いました。

今日は移動日と言う事で6月1日(日)の17時頃に成田を出発してその日の12時頃にLA到着、観光も兼ねて寄り道をしながらホテルへ移動だったのですが、LAは既に4回ほど来ておりマリナベルレイ・ロデオドライブ・ファーマーズマーケット・チャイニーズシアター…と観光場所は以前に訪れた場所ばかりで、内心は「ホテルに早くチェックインして休みたい…」と思っていたのでした。
 サンタモニカ・ピア
 チャイニーズシアター

ホテルはシェラトンユニバーサルホテルなので、夕食はシティウォーク内のレストランで仲間達と大笑いしながらの楽しい食事でした。
 バカな事をしておりますが、明日から真面目にお勉強です…(笑

2014年5月5日月曜日

アスタキサンチン

ヒトも含めた動物は『老いる』という現象から逃れる事は出来ませんが、その老化を促進させる原因として『酸化』と『糖化』が強く関係していると言われています。

酸素はヒトが生きていく上で必要な物質であるのですが、この酸素が体内に入って化学反応を起こす事で『活性酸素』という物質になります。活性酸素は適量で有れば体内に侵入し感染しようとする細菌やウイルスに効果的に働きますが、過剰生産されると様々な害を及ぼします。例えば骨の形成にはカルシウムが必要ですが、カルシウムだけ摂取しても充分ではなく、カルシウムの吸収を助ける為にもビタミンDは必要です。そしてビタミンDを活性化させるには適度な紫外線が必要なのですが、この紫外線が活性酸素を発生させて、しみやシワの原因にもなるのです。

よって紫外線を浴びつつも活性酸素を消し去る事が出来ればカラダに良い事がお分かり頂けると思います。そして、この活性酸素を除去する事を抗酸化作用と言い一般的にはビタミンCやコエンザイムQ10が抗酸化物質と知られていますが、更に抗酸化作用に優れた物質としてアスタキサンチンが注目される様になってきました。因みにアスタキサンチンの抗酸化力はビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍です。アスタキサンチンはサケやエビなどに含まれている天然色素で、効能として抗動脈硬化作用や血糖値の低下、眼精疲労を和らげて、シワの改善があげられており、その他にも抗炎症作用・血流改善作用が有ります。

そんな堅い話は終わりにして…
個人的な健康維持の為に今年から飲み始めまして、朝の目覚めや翌日に疲れを残さない等を感じていて、確かに効果は有りそうだ…と思ってます。アスタキサンチンは脂溶性なので夕食後に飲むのが効果的だそうで、私と家内はアスタリール株式会社で扱ってる医療機関専売の「アスタリールACT」を毎日2錠づつ飲んで居るので1瓶60錠を約一ヶ月で飲み切ります。


私自身が効果を感じており皆さんにもお勧め出来る商品です。定価は6994円/瓶(税込み)ですが、まぁ私自身がこれで一儲けしようと考えていないので、もし購入を希望される方には原価+αでお分けします。価格はこれでご商売なさっている方々の邪魔はマズいので知りたい方は当院受付までお願いします。また原価+αでお分けする方々は当院の患者さんのみに限らせて下さい。定価販売であれば、どなたでも購入可能です。

2014年4月14日月曜日

オーラルリハビリテーションセミナー

4月〜7月の第2土曜日・日曜日の計8日間の研修コースに参加する事になり、一昨日の土曜日から研修が始まりました。

今までは年末毎に次年のインプラント・歯周病・根管治療・入れ歯等のテーマの目標を立てて、「来年は歯周病に特化して勉強するぞ!」等々と決めて長期セミナーを受講する様にしてましたが、今年は全ての治療の基礎となるオクルージョン(噛み合わせ)の長期セミナーを選択し、自分自身の治療体系を見直す事にしました。いわゆる各論の技術で木を治す治療では無く、口腔内を1単位とみなし森全体を見てバランスを再構築する様な治療法を学ぶと言う事ですね。

講師は南清和先生なのですが、まぁ話が面白くて、土曜日は座学で10時〜19時と長丁場だったのに話にグイグイ引き込まれ、昼食後の魔の時間もパッチリと目が冴えた講義でした(笑 日曜日は受講者同士が術者と患者さんの立場となって行う相互実習となり、手を動かして理解を深めるハンズオンが中心だったので、アタマと手のバランスが取れているセミナーだと思います。

まだ始まったばかりですが、今回のセミナーは私にとっては「こうやると出来る様になるよ!」「こうやると簡単だよ!」という単なるHow Toモノでは無く、 今まで行っている治療行為の裏付けを気付かせてくれる場となっているのも、楽しい時間となっている一因でも有りますね。

今回は北海道や岐阜県等の遠距離の参加者がホテルに宿泊して参加している事を思うと、会場までクルマで15分の私は申し訳無い気持ちですが、参加者が13名と少人数制のセミナーなので参加者同士の距離感が近く、次回も更に仲間を増やして楽しい時間が過ごせる様にしたいと考えています。

他にも所属グループの定例会とかも有って土曜日が休診になる事で、土曜日しか来院出来ない患者さんの予約が取りにくい状況が多発している事に大変申し訳ないと思っておりますが、学んだ事を患者さんに還元できるように努力していきますので宜しくお願い致します。

しかし、歯科医療について本気で語る仲間達と笑い合える時間を過ごせるのは楽しいですよ。「いやー、歯科医療に係わるって本当にいいもんですね~」(笑)
来年はこのコースの延長で審美歯科のセミナーに参加する事が既に決定しており、それらも楽しみです♪

2014年3月2日日曜日

AHA-BLSインストラクター

一昨年の千葉県歯科医師会が会場のBLSコースを受講してヘルスケアプロバイダーを取得してからこの活動に興味を持ち、アシスタントを経てからインスト候補生としてモニター(クルマで言うと仮免の様なモノですね)を続けてきましたが、1月にサイト長より合格を頂いてAHA(アメリカ心臓協会)のBLSインストラクターへ昇格しました。

インストラクターには
  • 地域の救命率向上に貢献する
という使命の他に
  • 教える意欲がある
  • 受講生の学習を手助けする意欲がある
  • コース修了に必要なスキルを受講者に確実に習得させる意欲がある
を持ち続ける必要が有りますが、こんな堅い話は抜きにして救命スキルを維持していくには
  • 定期的に他人に教える事で自分が忘れない様にする事
  • 常にアップデートされる最新の情報を入手出来る環境を手に入れる事
が大事なのでは?と思います。
だって倒れてる人に「オレはインストラクターだっ!」と胸張ってもその人は助からないですからネ。

これは他の資格にも当てはまる事ですが、認定医等の資格取得もそれ自体を目的にすると目的達成後は情報アップデートが疎かになりがちですから、資格は努力の結果で有るべき、と私は常々考えてます。

この活動は歯科診療に直接は関係無いかも知れませんが、自分の専門分野以外のDr.や看護師さん等とも知り合いになれたし楽しい時間が過ごせるので、趣味の一環として続けていこうと考えてます。

2014年2月17日月曜日

治療予約日変更の可能性のお詫び

当院では主に被せ物をお願いしている木更津市と川崎市の技工士さんの他に、入れ歯関係は関西の2人の技工士さんに製作をお願いしているのですが、先週末の大雪により中央高速道・東名高速道がマヒしている関係で、特に関西への荷物が予定通りに送れない・関西から届かない事態となっております。

市内の技工士さんとお付き合いしていればこの様な事にはならないと思うですが、技工士さんがピッタリと精度高く製作する以外にも私の意向を酌んで納得出来る技工物に仕上げてくれるのは、技工士さんと何度も何度も話し合う事で出来た人と人との信頼関係の賜物であり、独立して遠い地元へ帰ってしまったから…と新たな技工士さん探しをするのは大変な労力を必要とするんですね。HPでも書いた様に私は分業制で大量生産する画一的な技工物を望んでませんから、好みの技工士さんを探すのは大変なんですよ。
また今はネット環境が充実しているので、昔は音声電話だけでは伝えきれずにわざわざ出向いた事項も、FaceTimeやSkype等を使えばテレビ電話が個人レベルで無料で使えて、動画では粗くなってしまう静止画像も瞬時に送る事が出来ますから、関西とでも隣に居るかの如く話し合いが出来る凄い時代になりました。なので普段は距離感を感じない分、今回の様な事態になるとやっぱり関西は遠いねぇ…とつくづく感じます。

但しこれらは入れ歯等に限った話であり、セラミックの被せ物の製作は0.1mm削っただけで口元全体のイメージがガラリと変わってしまうし、どんなにカメラが優れていても色調の違いは実際の人の目には敵わないと思ってますので、これだけは技工士さんが当院へ来院し直接患者さんと話し合いながら製作ポイントを探る、昔ながらの方法に頼ってますね。

今週水曜日にまた雪の予報が出ておりますので、今週以降の詰め物や被せ物・入れ歯等の治療予約に関して何時もより2日多く間隔を開けさせて頂ければ幸いです。
 

2014年2月3日月曜日

診療室のリフォーム話

当院は約3年半前の2010年5月〜8月に大規模リフォームを行ったのですが、設計をしてくれた一級建築士の依田英和先生が『東京の若手建築家とつくる家』と言う本に若手建築家55人の一人として収録されました。

 依田先生には半年以上も掛けて打ち合わせを行うために何度も何度も来院して頂き、床材や壁材、什器の各メーカーのショールームにも行って実際に見て触って仕様を決める手筈を整えてくれて、またコンセントの位置やスイッチ類の配置などの細かい所にまで気を配ってくれたお陰で、私が理想とする空間を色々な制約がある中で実現してくれました。
 そして工事期間中も事有る毎に現場に来て素人の私には判らない事項もチェック&現場監督とも打ち合わせしてくれたので、いわゆる手抜き工事や欠陥工事とは無縁の建物になりました。

 漠然と構想を練っている頃はリフォームなのに設計士を入れるの?と言われましたが、私はお願いして良かったと本当に思います。建具の高さなど1センチ単位で拘ったお陰で今でも使いやすく欠点が殆ど無い空間になってますね。歯科診療所の新規開業やリフォームは歯科専門業者が行う事が多いのですが、私はあえて一般の建築士と工務店にお願いしたので自由な設計が出来たのだと思います。

 このブログを読んでくれたDr.でリフォームを考えているなら歯科専門に拘らずに一般の建築士にお願いするのも良案だと思います。簡単な相談なら無料で受けてくれる先生が多いようですし、フィーリングが合う先生捜しも楽しいモノですよ。(私の場合は一発で出会えましたが…)

2014年2月2日日曜日

スタディグループ定例会

所属グループの定例会出席の為に昨日の午後から今日の午後までの1日半を麹町の白鵬研修セミナー室で過ごしてきました。去年10月の定例会を右下肢蜂窩織炎で欠席したので(余談ですが、その定例会の席で急遽決まった年末の台湾での学会出席に声が掛からず、置いてけぼりを喰らいました(T.T) 行った先生のFacebookでの現地の写真を見て、嗚呼やられた!・笑)、久々の出席です。

今回の一日目は止血機序から抗凝固薬・抗血小板薬、出血に於ける禁忌薬等についてレクチャーを受け、二日目はインプラント埋入時のポイントのおさらい&模型を使って新しい器具の使用感を試す機会となりました。
(2日目のアジェンダ)

新しいオペ器具は触って弄ると欲しくなってしまうのが私の悪い癖で、これがあれば来週のオペ時間が短縮になるなぁ…と考えながら、注文書にサインしてしまうのでした(笑

気心知れた仲間達と和気藹々と雑談をしていると、その先生が経験した失敗しそうになったところからのリカバリー術など、建前だけでは出て来ない仲間内ならではの勉強になる話が出てきたり…、と定例会出席は生の情報収集には最適な場なんですね。今回も同じ志を持った先生方と楽しい時間を過ごせて有意義な週末でした。