2012年2月27日月曜日

DACユニバーサル

皆さんは外食へ行った際に洗っていないお箸が出てきたらどう思われますか? え"っ!と思うのが普通でしょう。口の中に入るものですから洗浄するのが当たり前だと思うのです。

しかし我々の業界で使われているタービンやコントラアングル等のハンドピースを患者さん毎に滅菌している歯科医院は、ある統計では15%以下という数値でした。アルコール綿で刷掃しているから大丈夫、と言われている先生は外食時において店員さんに使用済みのお箸を出されて、アルコールで拭いてあるから大丈夫!と言われて納得されるのでしょうか? 私は絶対に嫌です。ましてや治療後のハンドピースには唾液や削りカス・血液等が付着しているので、その汚染度はお箸の比じゃ有りません。

なので当院ではオートクレーブでハンドピースの滅菌を行っていたのですが、これだと患者さんの回転が早くなると滅菌が追いつかなくなって治療に不自由が出たり…と言う事が有りました。現在20本強のハンドピースの本数を更に増やして滅菌サイクルに余裕を持たせる事も考えたのですが、内部洗浄の問題も有り、シロナのDACユニバーサルというタービンやコントラアングル、小器具専用のオートクレーブを導入しました。

この機器の良い所は滅菌時間が驚きの12分という短さで、これだと当院のハンドピースの本数でも滅菌サイクルに余裕が出るほどです。そして外側だけで無く内部の洗浄と滅菌も同時に行ってくれるので、更に安全な治療を提供出来る事にもなります。また12分の滅菌タイムは外科手術中に器具を床に落とした等々の、急に再滅菌の必要性が出た場合でもロスタイムが今までより非常に少なく済むメリットも生んでくれています。

これ以外でも私は患者さん毎のグローブや紙コップ、エプロン、スリーウエイシリンジの先端チップの交換は当然行うべき事項と考えています。しかしこれらによりコストアップしても患者さんへ転嫁する事は保険治療の取り決めで出来ない事になっており、経費の事を考えるとアタマが痛い問題ですが、自分が受診したい治療体制を実践するには避けて通れない事項では有ります。このDACも三桁万円近い機器なのですが、インフェクションコントロール(感染予防対策)は裏方作業であるために使用しても患者さんの目に映りにくい&使用料を請求出来ないので殆ど自己満足の機器になっている等々、虚しさが漂ってしまうのが哀しいところです(笑

P・S
DACユニバーサルのランニングコスト低減について、こちらへ追記しました。

2012年2月26日日曜日

CTを導入しました

当院の今までのX線診断はパノラマレントゲンとデンタルレントゲンでしたが、2月23日(木)にCTを追加設置しました。

CTとはComputed Tomographyの略で、コンピュータを用いて画像の再構築を行い、断層画像を得る事が出来る撮影装置のことです。パノラマやデンタル等の二次元の平面では無く、立体的な三次元での診断が可能となり、診断の情報量が飛躍的に高まります。また当院のCT装置はコーンビーム方式を用いているので、医科用CTと比べて被曝量が少なく高画質に撮影できることが特徴です。

CTの具体的なメリットとして
  • 三次元の高画質画像を用いる事で今までのパノラマレントゲンでは重なって見えなかった部位が明確になり、また骨量&骨密度も正確に診断できるので、インプラントの術前シュミレーションを高精度に行う事が可能になる
  •  親知らずの抜歯では神経や血管との距離が正確に測れるため、より安全な治療を行う事が出来る
  • 根管の状態が立体的に把握出来るため、マイクロスコープと併用する事で、より精度が高い根管治療を行える
  • 歯周病の状態もVR(ボリュームレンダリング)機能を用いる事で病変を立体的に表現できるので、患者さんに状態を直感的に理解して貰いやすい
等が挙げられます。

今やインプラント治療に於いてCTは無くてはならない機器となっていますが、設置している歯科医院は未だ未だ少なく、私も導入には経済的な勇気が要りました(笑。しかし今まではインプラント治療を施術するにあたりCT撮影を大学病院へ依頼していたのを今後は院内で撮影する事が出来るために患者さんが大学病院まで足を運ぶ労力が無くなった事、また最大のメリットとして院内にCTが設置されていると言う事は手術中でもCT撮影を行える事にもなり、更に安心・安全な治療を提供出来る、と考えています。

他の歯科医院に通院されている患者さんや先生方のCT撮影依頼のみでも対応致します。インプラントの術前診査依頼でステントを用いる場合には患者さん御自身が持参するようにお願いします。データは撮影したその場でCD等のメディアに焼いてお渡し致します。要予約で撮影料(メディア焼き付け料含む)は税別一万円となります。

2012年2月19日日曜日

ICOI Winter Symposium

臨時休診のお知らせでも書いたように、2月16日(木)〜2月18日(土)に米国サンディエゴで行われたICOIのシンポジウムに参加してきました。
演者の素晴らしいスライドのお陰で、英会話が苦手な私にはスピーチが理解出来なくても読めば理解出来る様なスライドが多く、また日頃の疑問を解決してくれた講演も有って収穫が多い学会でした。
また隣の会場では業者がブースを並べていて、日本では売られていない便利な機材を仕入れたり、日本で販売している機材でも円高のお陰で日本の半額以下で購入する事が出来て、こちらでも楽しい時間を過ごす事が出来ました。

今回の学会参加にはもう一つの目的が有り、fellowship(認定医)の授与式に出席して認定証を頂きました。
 授与者約130人のうち日本人は私一人で、回りで英会話が飛び回る中たまたま隣がインドの先生で非ネイティブ同士だったので話が合い、お互いに片言の英語で今までの苦労と健闘を称え合いました。fellowship取得にあたりスライド作りや試験など苦労もありましたがチャレンジして良かったです。但しこの資格は3年毎の更新制で有り、必要な単位を取得しないと資格が抹消されてしまうため、インプラントの知識を深める努力はし続けなければなりません。fellowshipの上にはDiplomateがあり、更にハードルが高いですが今後はこの資格取得を目指して日々の診療をしていきたい、と考えています。

現在現地時間で2月19日(日)午前1時ですが、6時間弱後にはサンディエゴを出発して月曜日午後に成田着予定です。火曜日から通常診療となりますので宜しくお願いします。

2012年2月14日火曜日

臨時休診のお知らせ

2月15日(水)から2月20日(月)まで、

ICOI(アメリカ系国際インプラント学会)

ウインターシンポジウムに参加するため、

臨時休診致します。

20日に米国サンディエゴから帰国し

翌21日から通常診療致しますので、

宜しくお願い致します。