2015年12月29日火曜日

冬期休診のお知らせ

本日17時をもって今年の診療は終了しました。

来年は1月5日(火)から通常診療致します。

では皆さんも良い年末年始をお過ごし下さい。

来年も良きお付き合いを宜しくお願いします。

2015年11月16日月曜日

ブタ骨実習

昨日はまたブタ骨を使った実習をガレージにて行ってみました。

新たな参加者希望者が増えたため、今回は今までで最高人数の7人+業者さん1人。
もうこれ以上はガレージに入りきれませんな。
やらされてる勉強じゃないので皆さんバッチリSmile!(笑


当院が採用しているインプラントの一つにミューワンHAインプラントの2ピースが有りますが、今回は営業の方に来院して頂いて参加者の先生方にハンズオンも体験して貰う企画も立てたので、インプラントを全く触った事がない先生やウチのスタッフには実際にブタさんの顎にインプラントを埋入してもらい、良い経験になったと思います。(山八歯材の神木さん、本当にありがとうございました<(_ _)>)


今回も現役の口腔外科医のレクチャーを間近で受ける事が出来たので知識の収穫は有り、また高い志を持った先生との新しい出会いも有ったり…で愉しい時間はアッと言う間に過ぎてしまい、夕方のお開きとなりました。

段々寒くなってきたので今年のブタ骨実習は終わりですが、来年やるかどうか決めていないのに既に新たな参加希望者が名乗りを上げている状態で、この実習も止められない雰囲気になってきてます。まぁ経費を頭割りすると参加費1000円程度でこれだけ遊べれば無理も無いかなぁ…(笑

2015年10月4日日曜日

ブタ骨自主練

田渕先生を巻き込んだ1回目から4ヶ月半ほど経ってしまいましたが、やっと時間が取れたのと涼しくなってきたので、2回目を行ってみました。場所は前回と同じく私のクルマ&バイクの趣味小屋で、リフトの天板をテーブル代わりに行いました。

今回は歯科技工士の渡瀬さんと柏厚生総合病院口腔外科部長の矢島先生の3人で10時頃にスタートして、午前中は渡瀬さんはブタ骨にインプラント埋入のハンズオン、私はシルバーウィーク中に受講したUCLAのDr. Henry H Takeiのペリオコースの復習、矢島先生は…何やってたんだろう?(笑
 

午後からは私が母校の解剖実習インスト時にお世話になっている、日本歯科大学解剖学Ⅰ講師の三輪先生も参加して計4人で始まりました。

午後からは口腔外科畑の矢島先生に色々なオペの際のTipsや頬粘膜や口唇粘膜の軟組織マネージメントを事細かに教授して頂き「ウンウン」と「へ〜」の連続。 色々と勉強になりました。

矢島先生とはAHA-BLS(一次救命)のインストラクター仲間ですが、本来は講習会やセミナー等に出向いて修得する様な事もお友達感覚で教えて頂ける方が回りに数多く居る事は、私にとって本当に有りがたい事です。一診療所の院長ともなると籠もりになりがちですが、積極的に外に出ると良い出会いは転がってますね。

矢島先生は未だ未だネタを持っていそうなので「また教えて下さい」と言ったら気軽に「良いですよ」との事なので、今年中にもう一回ブタ実習を行う予定です。

【学ぶ】って愉し〜(笑

2015年9月7日月曜日

佐藤歯科のFacebookページ

最近はブログが疎かになって数ヶ月ぶりに新ネタで更新しましたが、自分の中ではFacebookページに時事ネタを書く事が多くなってきました。

Facebookの佐藤歯科ページは
こちら
私個人のページは
こちら
になっておりますので、こちらもご覧頂ければ幸いです。
ついでに『いいね!』もして頂ければもっと喜びます(笑

あっ、こっちも更新はしますから覗いて下さいね。
 

2015年9月6日日曜日

歯の神経を取ると言う事…

歯科医師として恥ずかしい話になりますが、先日の9月3日(木)に左下7番(一番奥の歯)を抜歯&インプラント埋入手術を施しました。当然自分では出来ないので、大学同期でインプラント医として一番信頼出来る、練馬区大泉学園にある井川歯科医院院長の井川淳一先生に執刀して貰いました。因みにインプラントは右下6番に続いて今回で2本目になります。

言い訳がましくなりますが、抜歯の理由は虫歯や歯周病では無く2本とも歯根破折が原因です。そしてその2本とも歯の神経(歯髄)を取った無髄歯です。その他は全て神経が有る有髄歯なので虫歯も含めてトラブルは25年以上有りませんが…。まぁ神経を取った(抜髄した)理由が1本は二十歳の頃に気が付かずに大きくなった虫歯が原因で激痛になった為と、もう1本がその奥の親知らずを抜いた後の予後が悪くて手前の歯に痛みが強く出た為にやむなく抜髄の憂き目に遭ったので偉そうな事は言えません…

今回も感じた事ですが、抜髄した無髄歯はやはり脆いと言う事です。自分でも自覚出来るほど睡眠中の食いしばりが強い人間でナイトガードを着用していますが、それでも今回の事故は防げませんでした。私は日頃から当院で治療を受けて頂いている患者さんにはお話ししていますが、歯の神経が有る有髄歯と取ってしまった無髄歯では歯の中の水の総分子間力に違いが出るので脆さに違いが出ますし、私の20年以上の経験則でも同一条件下では無髄歯の方が寿命は短い気がします。

ですから、なるべく抜髄処置はしないに限ります。痛みが出そうだから神経を取る…のでは無く、抜髄するのは強い痛みが出てからでも遅くない、と個人的には考えています。痛みを全く感じずにダメになってしまう事も有りますが、その場合には電気歯髄診断器でチェックすれば判ります。虫歯を取り除いている時に歯髄が露出しても炎症反応が無ければMTAセメントを使ったり水酸化カルシウムを使ったり、と昔より歯髄を残せる技術は上がってますし、マイクロスコープやルーペを使う事で虫歯に侵された部位がハッキリ見える様になってきたのでギリギリを攻められる様になってます。だからカンタンに抜髄処置を選択しないで欲しいのです。コゾーだった頃の私の様にカンタンに決断しないで欲しいのです。

本音を言えば抜髄するような虫歯で無くても虫歯を作る事自体が問題なので、やはり歯科医療の究極は【治療】では無く【予防】なんですね。また予防は歯周病の悪化を防ぐ為にも重要な事ですから定期チェックは意味が有るんです。痛くなったら歯医者…、では何時まで経っても本当の口福が味わえませんよ。
 

2015年8月4日火曜日

夏期休診のお知らせ

8月12日(水)〜8月18日(火)まで夏期休診期間とさせて頂きます。

8月19日(水)から通常診療となります。8月20日は木曜日ですが通常診療致します。

皆様には御不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

臨時休診のお知らせ

本日8月4日(火)は1歳半歯科検診の為、

午後2時〜午後3時30分まで臨時休診とさせて頂きます。

御不便をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

2015年5月19日火曜日

解剖学実習

昨日から母校の解剖学実習で私の担当が始まりました。
月に1〜2回程度で前期の5月〜7月は月曜日、後期の10月〜12月は金曜日の14時〜17時30分が不定期に臨時休診となります。 詳しい休診日や振替診療日は右の公式HPのカレンダーをご覧下さい。

今年も献体された篤志家の方々の「魂」を頂きながら学んでいきたいと考えております。

2015年5月18日月曜日

自主練!

ゴールデンウィーク前に工事終了したガレージ兼スタッフルーム小屋の落成記念?に、前々からやりたかったブタ骨を用いた外科処置のハンズオンを、ブレーメン通りのたぶち歯科の田渕康允先生と一緒に昨日の10時から17時頃までやってました。
 #田渕先生のブログはこちら 

今までも様々な研修会等でブタ骨を使った外科処置ハンズオンはやってきたのですが
  • ブタ骨の入手ルートが分からない
  • 診療室でやると臭いが気になる
等もあり、自分で行うには躊躇していました。

しかし今回ガレージを作る際にクルマ用リフトを入れたので、組み上がった時に「これってテーブル代わりになるんじゃね?」と思い立ち、ガレージなので臭いが多少残ったり床が汚れても気にならない事も有って、インプラントメーカーの営業さんに紹介された業者さんを通して肉付きブタ骨を購入し、また一人で悶々とやるより複数でワイワイやりたいとの思いから、前々から「やるなら誘って!」と言っていた田渕先生を道連れに(笑、初めて行ってみました。



臨床経験(特に外科系は)はヒトで失敗しながら経験を積む訳には行かないので講習会では座学と一緒に手を動かす実習がセットになっている事が多いのですが、外科処置を伴う場合はプラスチック製の顎模型と生体とは感覚が全く違うので実践的で有りません。しかし実際にブタ骨を個人で入手して行うのは入手法や場所、廃棄方法も有りハードルは高いですね。ただ今回からどうしてもやりたかった理由が有ります。

昨日は様々な切開法や縫合といった基本的な事を反復実習したのですが、 こういう事は実際の現場ではアタマが指示するのでは無く、腕が勝手に動くくらいにしておかないといけないと思うのです。例えば街中でクルマやバイクの運転をする時に「アクセルはどれくらい開けよう」とか「半クラはどれくらい当てよう」「ギアは何速で走ろう」等、その事でアタマがいっぱいになりながら乗る人ってあまり居ないと思うんです。それより歩行者や他車の動き等の交通状況に気を配っているはずです。
それと同じで、基本的な外科手技には注意をしつつもアタマは手術全体の状況を把握する事に集中したいのです。なので基本的な事はカラダに憶えて欲しい。これは以前に清潔と不潔・滅菌と消毒(その3)で書いたように、清潔域・不潔域に気を取られずにオペに集中したいのと同じですね。それには反復練習しか確実な道はありません。甲子園を目指す高校球児のように反復練習有るのみですっ!

と言う事で、この肉付きブタ骨自主練は定期的に行います。次回を何時行うかは未定ですが、ぶっちー先生!「次の機会も是非!」と言ったからには血反吐吐くまで練習するからそのつもりでっ!(笑 次回開催はFacebookで告知しますからお楽しみに♪

2015年4月16日木曜日

節目

もう4月も中旬になってしまいましたが、今年の4月で父の佐藤正忠が当地で移転開業してから45年目に入りました。その前は本八幡南口駅前テナントの一角で診療していたのですが、そこではいつ頃から始めたのか等々詳しい事は残念ながら父が亡くなってしまいましたので判らなくなってます(生前に佐藤歯科の歴史を聞いとけば良かったと後悔する事しきり…)。

私が3歳になった頃に診療所兼自宅が完成しましたが、工事中は父の自転車の後ろに乗って現場を見に行き、通し柱が立って「デカイ家だ!」と思った事を未だに覚えてます。その家も増築・改築を重ね、診療室部分も2度大規模リフォームを行って一番最初の頃の倍の広さになってますね。

父がこの地を選んで地道に診療に専念してくれた事で佐藤歯科の基礎を築いてくれて、平成15年7月には院長交代しましたが、この仕事が本当に楽しいと思える日々を過ごせるようにしてくれた父には本当に感謝しています。

これからも「好きな事が仕事になれば苦にならない」を実感しながら50年目を目指して日々努力していきますので、皆様宜しくお願い致します。

2015年3月10日火曜日

入れ歯の保管場所

明日で東日本大震災が起きてから4年になります。

震災が起きると避難場所や避難所で過ごす事になる事が多いのですが、東日本大震災の時も着の身着のままで避難されたために入れ歯が無く、配られる食料品は有るのに硬い保存食で噛み砕けずに食べられなかった話をボランティアへ行った時に被災者の方からお聞きました。

幾ら食べ物が有っても噛み砕けず飲み込めなければ食べられません。入れ歯を装着されている方は夜には外して就寝されている方が殆どだと思いますが、その際の保管場所は自分だけでなく他の人も判りやすい場所にしておく事は大切です。また新しい入れ歯が完成すると古い入れ歯は直ぐに捨ててしまって予備を持っていない方も居られますが、その入れ歯を勝手口近くに置いていた為に家が崩れても入れ歯が見つかり、避難先で食事が取れた話も聞きました。確かに現在使用しているピッタリ合った入れ歯で食事が出来るのが一番良い事ですが、多少合わなくなったり緩くなった入れ歯でも無い状態よりは噛めると思います。

ですので、使わなくなった入れ歯は一番新しい1組だけで良いので、家が崩れても発見しやすい場所に保管しておく事が良いです。そして新たに入れ歯を作った際に今まで使っていた入れ歯と保管していた入れ歯と取り替えて、保管した入れ歯を廃棄すれば良いと思います。また入れ歯コレクターの様に何個も持っている方が居られますが入れ歯は同時期に作成した上下が対になって機能するので、災害対策の為の保管場所に複数置いておくと対になった入れ歯が判らず噛めない入れ歯のオンパレードになりますので、一組だけ保管した方が良いと思います。



余談ですが、あの時はバイク仲間3人で診療所備品の紙コップやマスク、グローブ、個人的デッドストックの寝袋の他に粉ミルクや哺乳瓶が私の分担で、その他被災地から送られてきたリストを頼りにセロー3台に積めるだけ積んで物資お届けツーリングしました。あの時見た北茨城〜鹿島の風景はもう無くなっているようですが、被災地・被災者の早い復興を望みます。

2015年2月17日火曜日

スタッフ募集のお知らせ

佐藤歯科は昭和45年に当地で父の佐藤正忠が移転開業し、息子の私(忠敬)が36歳の時の平成15年7月に院長を譲り受けて現在に至っております。この間にも多くの患者さんに支持され、平成22年には手狭になった診療室を拡張するために父の代から数えて2回目の大幅なリフォームを行いました。その後も多くの患者さんに支持され来院して頂いておりますが、年々患者さんが増加するに伴い予約が取りにくい状況が常態化しており、質を下げない診療をするにはスタッフの増強が急務となってきました。

そのため歯科医師・歯科衛生士の常勤スタッフを各一名づつ募集いたします。
  • 歯科医師は経験豊富なドクターより私の診療哲学に共感し前向きな若いドクターを希望します。性別は問いません。
  • 歯科衛生士は勤務経験・年齢不問です。
またパート(非常勤)の歯科助手も若干名募集しております。

当院はお子様及びお子様連れの患者さんが多いので子供好きな方を優遇します。様々な事に興味を持ち医療技術向上とホスピタリティに対する魂を持ち続けてくれるような方を心から歓迎します。

見学・面接希望のご連絡をお待ちしております。御連絡は診療時間内にお電話頂ければ幸いです。

*募集要領等々はこちらをご覧下さい。

2015年2月5日木曜日

診療所拡張工事のお知らせ

診療室のユニット(治療用のイス)を増設するにあたり現在のスタッフルームを潰して部屋を作る為に、先行してイナバの鉄板ガレージを木造2階建てに建て直し、2階部分へスタッフルームを移動する事になりました。

既存ガレージの解体及び基礎のはつり工事は既に始まっておりますが、本工事が2月7日(土)から始まります。工事期間中は駐車場が使えなくなる為に斜め向かいの時間貸し駐車場へ駐めて頂きますようお願いします。駐車料金は当院がお支払い致します。

工事期間は駐車場が1ヶ月半・院内工事が1ヶ月半の計3ヶ月を予定しております。患者さんの皆様には御不便をお掛けしますが宜しくお願い致します。

2015年1月20日火曜日

先週の週末記

先週は金曜日の午後と土曜日丸一日の2日連続で休診になってしまい、患者さんにはご迷惑をお掛け致しました。

金曜日は大学院生時代の主任教授のお通夜受付を行う為に急遽休診とさせて頂きました。
私が院生時代には教授の佐藤先生は未だ現役世代で、よく怒られてましたが一昨年お会いした際には優しいおじいさんになっていて、私を笑顔で迎え入れて頂いて拍子抜けした思い出が有りますね。思い出は沢山有ります。亡き後は篤志家として献体されたので数年後に再会する事になってますので、それまで一旦お別れです。本当にお疲れ様でした…

翌土曜日から日曜日の2日間は明海大学の卒後研修コースに参加する為に、浦安のセミナールームに2日間缶詰めになっておりました。
講師は去年受講したオーラルリハビリテーションコースでも講師をして頂いた南清和先生で、受講生も全員がダブル受講コースを選択していたので既に全員が顔見知りだった事も有り、また受講生も6人と少数だったので、特にアイスブレイクも必要無く楽しく受講してきました。南先生も「スーパーポジティブ」な先生で、講義途中で話をぶった切る質問が出ても笑いを交えて答えてくれるなど、楽しいセミナーです。4日間コースなので来月14日〜15日にも講義が有るので楽しみです。でも先ずは今回の宿題をやらねば…(笑

2015年1月13日火曜日

1月16日(金)午後の臨時休診のお知らせ

大学院生時代の指導教授が10日に永眠され、

葬儀お手伝いの為に16日(金)の午後を臨時休診致します。

その代わりに前日の15日(木)は振替診療致します。

直前での変更でご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

2015年1月5日月曜日

仕事始め

明けましておめでとうございます。

本日より通常の診療がスタートとなります。

今年も宜しくお願い致します。