2015年10月4日日曜日

ブタ骨自主練

田渕先生を巻き込んだ1回目から4ヶ月半ほど経ってしまいましたが、やっと時間が取れたのと涼しくなってきたので、2回目を行ってみました。場所は前回と同じく私のクルマ&バイクの趣味小屋で、リフトの天板をテーブル代わりに行いました。

今回は歯科技工士の渡瀬さんと柏厚生総合病院口腔外科部長の矢島先生の3人で10時頃にスタートして、午前中は渡瀬さんはブタ骨にインプラント埋入のハンズオン、私はシルバーウィーク中に受講したUCLAのDr. Henry H Takeiのペリオコースの復習、矢島先生は…何やってたんだろう?(笑
 

午後からは私が母校の解剖実習インスト時にお世話になっている、日本歯科大学解剖学Ⅰ講師の三輪先生も参加して計4人で始まりました。

午後からは口腔外科畑の矢島先生に色々なオペの際のTipsや頬粘膜や口唇粘膜の軟組織マネージメントを事細かに教授して頂き「ウンウン」と「へ〜」の連続。 色々と勉強になりました。

矢島先生とはAHA-BLS(一次救命)のインストラクター仲間ですが、本来は講習会やセミナー等に出向いて修得する様な事もお友達感覚で教えて頂ける方が回りに数多く居る事は、私にとって本当に有りがたい事です。一診療所の院長ともなると籠もりになりがちですが、積極的に外に出ると良い出会いは転がってますね。

矢島先生は未だ未だネタを持っていそうなので「また教えて下さい」と言ったら気軽に「良いですよ」との事なので、今年中にもう一回ブタ実習を行う予定です。

【学ぶ】って愉し〜(笑

0 件のコメント:

コメントを投稿