2012年3月23日金曜日

純水精製装置(DACのランニングコスト)

今では有ったら便利な機器を通り越して、無いと困る機器となったDACユニバーサルですが、使用する水が3μS/cm以上の純水を要求する為にランニングコストが以外と掛かる事がデメリットです。当初は浄水&軟水装置を設置してあるので蛇口の水がそのまま使えるかも?と思っていましたが、購入前に販売元が持って来たデモ機でテストすると水質不良でエラーになってしまった為に、DACを設置してからは精製水を購入していました。3μS/cmと言ったら工業用部品の洗浄に使われるくらいの純水なので、正直たかが滅菌器でこんな水質を要求するのか!と驚きましたが、DACが毎回電気伝導率をチェックしている為に精製水を使用しないとエラーコードが出て作動しません。

しかし精製水の購入コストが20リットルで約2000円と結構なお値段で、それを当院では1ヶ月に40リットル以上消費するので年間コストが単純計算で約5万円。これはDACの為だけに使用する水のランニングコストで、全館浄水&軟水システムのランニングコストよりも高く、これを使い続けるのはおサイフに厳しい…。販売元でもこれを解消するためにシロデム(SIRODEM)という脱塩水精製装置が販売されており、メーカーの謳い文句は『精製水の購入と比較し最大で約80%のコスト節減が可能』との事。しかしシロナさんには申し訳無いのですが、シロデム購入時のイニシャルコストと、425リットルの水道水を精製する毎に交換するフィルターのコストが私には未だ高価に感じており、もっとイニシャル&ランニングコストを下げられないか?と考え、浄水器&軟水器の販売&メンテで御世話になっている千葉県市原市のアクアフィールド石出裕一郎さんに協力して頂く事になりました。

当初は逆浸透膜を用いたRO精製装置を設置予定でしたが、これで精製した水でもDACにエラーが出てしまうため、シロデムと同じ原理のイオン交換樹脂を用いた方法へ変更しました。既に当院では軟水化装置を使用していたのでカルシウムイオン・マグネシウムイオンは除去出来ているのですが代わりにナトリウムイオンが出てくる為、これを除去するタイプのイオン交換樹脂に塩素を完全に取り除くフィルターを噛ませて精製した水でテストすると、やっと正常にDACが動きました。石出さんもRO精製装置でエラーが出た事でアタマを抱えた様ですが、数あるイオン交換樹脂の中からどのタイプの樹脂が今回要求する水に精製できるのか?等々を色々と調べてくれたお陰で、かなりイニシャルコストとランニングコストを下げる事に成功しました。

装置もシンク下に設置した事で外見的にゴチャゴチャする事無くスマートに設置できて大満足でした。後はどれ位の水量を精製できるのか?ですが、今回は樹脂を2Lとそれなりの量を使用したので数百リットルで樹脂交換とはならない筈との事でした。

DACユニバーサルを既に使用している先生やこれから導入する先生でランニングコスト低減を考えているなら、アクアフィールドさんへ相談されたら如何でしょうか? 私が実験台になったので(笑、回り道せずに良い提案をしてくれると思います。

2012年3月22日木曜日

水質検査

当院では水道局の水道メーター直後に浄水器&軟水器を設置しており、家中の水が浄化されている全館浄水システムを導入しています。ですので手洗い・うがいの水は勿論の事、洗濯機やトイレの水・裏のお風呂まで、全て通年で塩素濃度が0.2ppm以下でカルシウム・マグネシウムイオンを取り除いた浄水&軟水を使用してます。

しかし治療用ユニットの中の水は治療終了後は次の稼働日まで停滞する事とスリーウエイシリンジの水は停止時に少量の水が逆流する事が知られており、それらによる水質汚染の可能性を指摘されていました。塩素濃度が低いという事は身体に優しい水になっていると言えますが、雑菌が繁殖しやすい環境になっているとも言えます。

そこで当院の水は本当に安全な水と言えるのか?を知りたくて、ユニットから出てくる水を公的機関である(財)千葉県薬剤師会検査センターへ水質調査依頼しました。

 結果は一般細菌が0個/ml・大腸菌は陰性の結果で、その他の検査項目も基準値を下回っており、”水道法に基づく水質基準に適合”した水でした。今回は治療終了後にスリーウエイシリンジのチップを交換せず翌日の治療が始まる直前の水を採取したので普段より厳しい条件での検査でしたが問題はありませんでした。個人的にはこの結果が出てホッとしています(笑

話は変わりますが、当院ではスリーウエイシリンジのチップは患者さん毎に滅菌済みのチップへ交換し、またタービンやコントラ等のハンドピースもDACユニバーサルで内部まで滅菌されたモノを使用しています。元々ハンドピースには水や空気の逆流(サックバック)対策がされていますが、サックバック対策が常に完璧であるとは私は思えない事とスリーウエイシリンジに逆流対策されたモノは少ないため、患者さんの口腔内に入る機材は全て滅菌済のモノへ交換すべき、と考えています。ミラーやピンセット等の基本セットだけが口の中に入る訳では有りませんから…。

2012年3月8日木曜日

BLS院内研修

スタッフにも医療従事者として1次救命処置は出来て欲しい…との思いで(院内でCPRが必要になった時に私一人だけだと体力的にきついのもありますが…)、今日は市川消防署の方を招いてCPR・窒息等の研修会となりました。

院内で開催するには場所が狭すぎるため南八幡3丁目自治会館をお借りして、またウチのスタッフ人数だけでは講習会開催の最少催行人数に届かないので、普段から仲良くさせて貰っている西方歯科医院の院長先生とスタッフにも参加して頂きました。

消防署からは3人来て頂き、最初はプロジェクターを用いて座学で胸骨圧迫を学んでその後4人・4人・3人のグループに分かれて実技、次に人工呼吸の座学と実技…、の順で一つ一つを確実に学んで貰うプログラムで進んだので、判りやすい内容でした。朝9時から始まり全体で3時間の講習でしたが、あっと言う間に時間が過ぎてしまうほど充実した時間を過ごせました。

しかしこれだけ学んでも普段使う事が無ければ忘れてしまいます。これからは定期的に開催したいと考えていますが、会場のスペースに余裕が有る事が判ったので、次回からは希望する一般の方々にも参加出来るようにしたいと思っています。次回は8月〜9月頃を考えていますが、日時や募集人数等の詳細は7月頃にこのブログへ書き込み致します。

2012年3月5日月曜日

BLSにアシスタントで参加しました

昨日は麻布赤坂歯科医師会で行われたBLS HCPコースにアシスタントとして参加しました。

1月29日に千葉県歯科医師会で行われた際には受講者でしたが、今回はスタッフ側として参加しました。私はインストラクターではないので受講者に声を掛けたり受講者の質問に答える事が禁じられており、一歩下がった位置で実習を見ていましたが、受講とは違う視線で見学して、教える事の難しさを感じました。

また受講者が筆記試験を受けている時間に、インストラクターの先生から受講した状況より更に困った状況での対処についての実技テストをして頂き、とっさにその状況になるとアタマが真っ白になる事も経験しました。アタマの中で文字としては優先順位が入っていても、突然その状況が設定されると想定外の状況で「え”っ!」となってしまうんですね。なので色々考えられる状況においても、その都度最適な行動が取れる様に訓練が必要なんだと感じました。

今週はその他にも、木曜日に院内研修のために消防署員の方に来て頂いてのスタッフ向けBLSベーシック研修、土曜日に市川歯科医師会でBLSコース、とBLS漬けです。