2011年12月29日木曜日

冬期休暇のお知らせ

本日17時をもって今年の診療を終了しました。

新年の1月5日(木)は矯正診療のみ行い、6日(金)から通常診療となります。

では皆さんも良い新年をお迎え下さい。

来年も宜しくお願い致します 。

2011年12月23日金曜日

第6回 トイラン

11月23日に続き、また今日もトイランに参加してきました。

今回は大学同期で大親友である練馬区大泉学園の井川歯科医院院長

(因みに私の右下奥歯のインプラント治療を行った主治医です)

を引っ張り出してタンデムで参加しました。

(サンタが井川先生でトナカイが私)


今回は200台近い参加者で前回よりも台数が多く、オレンジリボン運動の

アピール度は大きかったと思います。また街には家族連れが多く、

沿道の子供達が手を振ってくれたのが嬉しかったですね。

但し師走だったせいなのか道路の渋滞が激しくて

外気温が8℃なのにバイクがオーバーヒート寸前でした。

この活動は来年も再来年も続けていくそうです。

でも本当はこの活動の意義が無くなるような

社会になってくれるのが一番なんですよね。

2011年12月20日火曜日

南相馬市の支援活動 その2

18日はMAX藤原さんが主宰している"MAX音楽隊"による
子供達への支援の為の"クリスマスふれあいパーティ"お手伝いで
南相馬市へ再度行って来ました。


諸事情により私の本業である歯科支援は叶いませんでしたが
11月20日の学習支援に引き続き、南相馬市の子供達と触れ合う事で
楽しい時間を過ごす事が出来ました。













クリスマスパーティなのでトイランで使用したトナカイの着ぐるみ
を着ていたため、子供達には受けが良く「トナカイのおじさん」と
気軽に話し掛けて笑顔で接してくれた子供も居てくれて
また今回で南相馬市訪問も3回目となり、顔見知りになった子も居て
少しは癒やしになったかな?と勝手に思ってます。

南相馬市の子供達は慣れない環境のストレスで
不登校になっている子も居るようで心が痛みます。
これからもMAX音楽隊を通じた様々な子供達への
ボランティア参加を続けていきます。

私はMAX音楽隊ハーレーサンタCLUBの活動を応援しています。
子供達みんなが笑顔になれますように…

2011年12月10日土曜日

マイクロスコープ&ルーペ

前回は歯髄保護について書きましたが、その治療に絶対に欠かせないのが拡大鏡です。
歯髄が露出するかしないかのギリギリを攻めるには明瞭な視野の確保が必須なのです。
(その他の根管治療や被せ物治療等々でも使用するので範囲は広いのですが)

当院ではマイクロスコープとルーペを使い分けて治療しています。
こちらがマイクロスコープで、













こちらがルーペです。













マイクロスコープとルーペの違いの私見は何れ書きたいと思います
(2012年1月2日に追記しました)

当院のマイクロスコープには静止画と動画を撮影出来る機能が備わっているので
今回は撮影機能を使ったお遊びを。
根管の拡大像等々はHP等で色々な先生が画像をアップされていますので
専門画像はそちらにお任せして…
これは一万円札をコンデジで撮影した画像です。













通しNo.の左側に小さなマークがありますね。
これをマイクロスコープで拡大すると












(10000 NIPPON)の文字が見えます。

小さな虫歯の治療時には、この大きさの切削バーを使います。
(1目盛りが1mmです)












この大きさのバーは肉眼では使いこなせません。

これだけ視野がハッキリすると最小限の切削量で済むので
MI(ミニマルインターベンション)治療には必需品ですし、
根管治療時には管の中が明瞭に見えるので
治療効率が上がる事は御理解頂けると思います。

2011年12月3日土曜日

歯髄(歯の神経)保護にこだわる理由

私のポリシーの一つに「出来る限り歯髄(歯の神経)は抜かない」を掲げています。

正直、治療の為に細かい作業をしていると「取っちゃった方がよっぽど楽だよな」

と思う事は多々有りますが、やはり簡単に歯髄を除去する事に抵抗感があります。

それは自分の不始末と無知の為に歯髄を取ってしまった事で歯が脆くなり

25年経ってから歯根破折の為に抜歯せざるを得なくなった、

自分自身の苦い経験がベースに有ります。

また御高齢になってなお全て御自身の歯で噛んでいる方々のレントゲンを見ると

歯髄を取った歯がズラリを並んでいる事は余り無く、日々の臨床の感想でも

歯髄が有った方が長持ちすると感じています。



しかし極度の歯髄炎を起こしてしまうと取らなければなりません。

本来はそうなる前の小さな虫歯の状態での治療や、もっと言えば

虫歯にしない様に定期的に歯科衛生士の予防処置を受ける事が大事なんですね。