2012年2月26日日曜日

CTを導入しました

当院の今までのX線診断はパノラマレントゲンとデンタルレントゲンでしたが、2月23日(木)にCTを追加設置しました。

CTとはComputed Tomographyの略で、コンピュータを用いて画像の再構築を行い、断層画像を得る事が出来る撮影装置のことです。パノラマやデンタル等の二次元の平面では無く、立体的な三次元での診断が可能となり、診断の情報量が飛躍的に高まります。また当院のCT装置はコーンビーム方式を用いているので、医科用CTと比べて被曝量が少なく高画質に撮影できることが特徴です。

CTの具体的なメリットとして
  • 三次元の高画質画像を用いる事で今までのパノラマレントゲンでは重なって見えなかった部位が明確になり、また骨量&骨密度も正確に診断できるので、インプラントの術前シュミレーションを高精度に行う事が可能になる
  •  親知らずの抜歯では神経や血管との距離が正確に測れるため、より安全な治療を行う事が出来る
  • 根管の状態が立体的に把握出来るため、マイクロスコープと併用する事で、より精度が高い根管治療を行える
  • 歯周病の状態もVR(ボリュームレンダリング)機能を用いる事で病変を立体的に表現できるので、患者さんに状態を直感的に理解して貰いやすい
等が挙げられます。

今やインプラント治療に於いてCTは無くてはならない機器となっていますが、設置している歯科医院は未だ未だ少なく、私も導入には経済的な勇気が要りました(笑。しかし今まではインプラント治療を施術するにあたりCT撮影を大学病院へ依頼していたのを今後は院内で撮影する事が出来るために患者さんが大学病院まで足を運ぶ労力が無くなった事、また最大のメリットとして院内にCTが設置されていると言う事は手術中でもCT撮影を行える事にもなり、更に安心・安全な治療を提供出来る、と考えています。

他の歯科医院に通院されている患者さんや先生方のCT撮影依頼のみでも対応致します。インプラントの術前診査依頼でステントを用いる場合には患者さん御自身が持参するようにお願いします。データは撮影したその場でCD等のメディアに焼いてお渡し致します。要予約で撮影料(メディア焼き付け料含む)は税別一万円となります。

0 件のコメント:

コメントを投稿